スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 小夏
category:スポンサー広告  

DMC渋谷舞台挨拶レポ
「ド・エム・キャンペーンin渋谷」参戦を前に、パルコで開催中のDMC展に行って
更にテンション上げてきました。


DMC DMC
*クネクネ歌うねぎっちょ               *クラウザーさんの抜け殻


DMC DMC

他、オモシロコーナーもいろいろとありました・・・・魔の刻印とか豚さんとか
お近くにお寄りの際にはぜひどうぞ~。(有料ですが)



さてさて、渋谷シネクイントに到着すると、
映画館のスタッフさんが全員ねぎっちょで迎えてくれました。
公然・・・じゃなくてマッシュルームカット(かつら)にボーダーポロシャツ。
「甘い恋人」のPVのような状態であちこちにねぎっちょが
・・・・でもほとんどが女性で、みなさん可愛らしかったですw


会場に入り、いよいよ舞台挨拶開始。

松山くんと李監督の登場。

松山くんはカムイヘアーにDMC Tシャツに黒ジャケ、黒パンツ。
何回見ても かっこいい!!!!
今回も結構近くだったので、テンションマックスッ!!!!!


登場直後・・・・・グッタリしてる様子のお2人。
相当疲れたんでしょうねーそりゃそうだ。
でも実は監督、映画のレビューによくない評価を書かれたのを知って、
すっごく落ち込んでいたのでした。


監督「(ナントカ)スペルマンです・・・」
会場「・・・・・????」


松山くんがその嫌なそのことを思い出させたのか、
監督が彼を、ドン・ドーン・ドーーンと端へ端へ更にステージの端へと押しやっていました。
そして監督、スクリーンにもたれて泣いていました。
MCさんに「スクリーンにはちょっと・・・」と注意されちゃう監督。


そんな傷心の監督の為に、会場内ですでに映画を観た方の回数を挙手で聞いていくと
最高9回観られた方がいらっしゃり、

監督「松山くん、この方にべぇべぇしてあげたほうがいいんじゃ?」
松山「ありがとうございます」  
(べぇべぇはナシ)
と、たくさん観たお客さんがいることを知り少しほっとされてた様子。



話は弾丸キャンペーンのコトに。

監督「この人、キャンペーンの途中で逃亡したんですよ。
   でも、逃げ込んだ先が戻るエレベーターの中だったんですけど」

松山「いや、だって・・・・・このキャンペーンスタッフの扱いが酷いんですもん・・・
   ・・・・・ご飯なんて、冷たいんです。おにぎりだし・・・・」



その時、脇にいた男性スタッフから声が
スタッフA「松山っ!」
松山「旅の食事だ~とか言って・・・・扱いが・・・」
スタッフA「松山っ!」
スタッフB「松山っ!!」
松山「そんな合いの手いらねえよっ!!」


この辺り子供の言い合いのようで、会場爆笑。



MC「全国を縦断されるときはその地方の美味しいものを食べられると思うのですが
   何か食べられましたか?」
松山「うーん、昨日はひつまぶし食べましたね。」 
←やはり
MC「今日は?」
松山「えっと、お昼に牛タンを食べました・・・・弁当を新幹線で」
 ←弁当に不満の様子
スタッフ「牛タン美味しかったな~」
松山「!!!!」 
←結局弁当じゃん!とムキになる



MD「ところで、みなさんが着てらっしゃるDMC Tシャツですが、今回も作られたんですか?」
松山「はい、僕のスタイリストさんが作ってくれたんですが、
   (デザインが凝っているからか、発注にお金が掛かりそうで)
   予算の心配をしていました。」





お客さんのなかで、「遠くから来た人は?」の質問コーナーが始まり、
名古屋や福岡など遠方から来てる人がたくさんいて
監督も松も驚いていまいした。
監督「帰るときは気をつけてくださいね~、東京は物騒ですからね。」


途中、監督が喋るときにマイク無しで何度か喋っていて、
松山「監督っ、マイク使いましょう、マイク」
と指摘していた。



その後、舞台挨拶ごとに一文字ずつ写真をとっているらしく
「ト」の字を抱えてお客さんと一緒にDMCポーズで写真撮影。
どうやら「デ・ト・ロ・イ・ト・メ・タ・ル・シ・ティ・大・ヒ・ッ・ト」となるらしいです。



最後に一言
監督「この映画を観て、良かったと思った方はいろんな人に宣伝して下さい。
    でも、面白くなかった人は、レビューに書いたりしないで下さい・・・・」
観客「監督~頑張って~」
監督「いや、頑張ったんだよ。」

と、最後まで傷心な監督。

松山「こんな傷つき易い心を持った監督が作った作品です。←すごい入り方
   原作にはないシーンがあるんですが、いい意味での裏切りになっています。
   この作品にはいろんなキャラクターの人が出ますが、僕が一番気に入ってるのは
   相川さんです
←カミュじゃなくなったらしい
   いろんな人が出ていてみんなが主役になれるんです(この辺曖昧です、すみません)
   この作品の撮影は、僕は本当に楽しかったです。
   みなさんも楽しんでいただいて、
   そして、それぞれ何かを感じてくれたらいいと思います。」

   


そして、監督、松山くん、退場。

・・・・・・当分さよ~ならああ~




この過酷なキャンペーンだからか、
ここまで乗り切ってきたチームDMCの結束は固そうでした。
以前、監督が「松山くんとしゃべるのは緊張する」とおっしゃってましたが、
もう監督、松山くんとの息ピッタリでしたし。


みなさん、本当にお疲れ様でございましたー!







posted by 小夏
category:舞台挨拶レポ   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://naakao.blog25.fc2.com/tb.php/96-e4e042ce
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。