スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 小夏
category:スポンサー広告  

富士のお山
下界でDMC08の情報が氾濫していたころ、
わたしは天国にかなり近いところに行っていました。

・・別に臨死体験とかではなく、距離的に。

じつは富士山に登ってきたんです。





富士山
*五合目からみた富士山


最初、五合目から七合目まではハイキング気分で、
雲を眼下にした景色に感動し、元気よく登れていたんですけど

富士山
*七合目 山小屋

山小屋で休憩してから登った、
七合目から八合目にかけてが本当の登山だということを思い知らされました。
・・・・・というほど。

もうすっかり暗くなったなか、ゴツゴツした岩を手を使って、体全体で登るんですよ。
一歩足を踏み外したら、転がり落ちる危険な岩場が5時間以上も続くこの状況・・・・・
もうね、地獄以外の何物でもないよ、あれは。


低酸素によって息は上がるし、高山病でひどい頭痛はするし、
何より、高山病+深夜+寝不足のため、眠気がハンパない!!!
半分意識がないなか、登ってたような・・・・危険すぎる。


日の出前の山頂近くは、体感温度0℃以下なんですけど、
・・・・・下界との気温差30℃って、おいおい、

どんな気候なんじゃい、富士さんよー!!
(大自然の厳しさに逆ギレする、小さな自分)


こんな過酷な状況のなか、ただ一つ救いだったのは、
星空が今まで見たことのないくらいものすごく綺麗だったことですね。
プラネタリウムの映像がそのまま頭上に広がっていて、今にもたくさんの星が降ってきそうでした。
実際、流れ星もいくつも流れてたしね。

天の川なんて本当の川みたいにキレ~に見えるんです。
それはもう、織り姫気分な訳です。


あぁ、過酷な試練を乗り越えてきたからこそ、あんな美しい夜空が見えたんだ
・・・・富士さんって、奥が深い。



その後、日の出までのありえない極寒を何とか乗り切ると、お待ちかねの御来光

富士山

まさに「ここはあの世か?」状態。


雲海に朝日が当たって、何とも言えないくらい幻想的で神秘的な景色。
ホント大感動。

ありがとう!富士さん!!
頑張った!自分!


有難い御来光を拝んで、つかの間だったが幸せな気持ちになれました。



そう、ほんのつかの間・・・・・試練はまだまだ続いたのです。


富士山


山に登ったら、降りなくてはいけない。
そんな当たり前のこと分かっていたけど・・・・

これが一っ番キツいんだよね、実は。


ただ滑り下りるだけの砂利坂に砂埃。
日が出たら今度は暑い。
ついさっきまで、極寒だったのに・・・・・

富士さん、あんたどんだけSなんですかっ!!!←コラ


4時間以上かけてやっとのことで下山して、
何とか生還できました。



今回、人が多くて渋滞したため登山に10時間、下山に4時間、
通算14時間以上歩いた訳ですが、感想としては

・・・・今まで生きてきた中で一番辛かった。

フルマラソンよりも。



・・・富士山 なめたらいかんぜよ。


この先、ちょっとやそっとのことじゃあヘコタレない自分になりたい方!
日本で№1パワースポットでパワーを貰いたい方!

覚悟の上、ぜひ頑張って挑戦してみてください。







posted by 小夏
category:わたくしごと   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://naakao.blog25.fc2.com/tb.php/79-d9905f43
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。