スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 小夏
category:スポンサー広告  

あなたが、最後に帰る場所は、どこですか?

バカボンド

井上雄彦 最後のマンガ展に行ってきました。
*写真の絵は、壁いっぱいに描かれたバガボンドの宮本武蔵。

か、かっこいい・・・・


スラムダンク、時間を忘れて何時間もぶっ通しで読むくらい大好きだった私からしたら
井上さんの壁いっぱいの作品を見ただけでももう、
大感動!!!!


スラムダンクのキャラはみんな好きだけど、一番はやっぱりミッチーかな。
中学バスケのエースだったけど、怪我で挫折して不良になったミッチー。
でも大好きなバスケのために更正して高校のバスケ部に入ってメンバーを支えた苦労の人。

挫折を経験して立ち直った人って、すごく強くて優しいと思うんですよね。



バガボンドは友達に借りて読んだら、やっぱりハマった。


激しく恐ろしい程の惨殺シーンがたくさんあるが
その時代を生きた宮本武蔵の狂気をリアルに描いていて、
ドキドキしながらも一気に読んでしまった。
とりあえず、当時発売されてた14、5巻辺りまで。

その続きはまだ読んでませんが、
今すぐにでもまた最初から読み返して28巻まで読破したいくらいです。
それほど今は興奮冷めやらぬ状態。


さて、(前置きが長いが)最後のマンガ展の感想を・・・・・


想像以上にすごいです。

肉筆墨画のタッチの力強いこと。
武蔵の「内なる豪」と「現わな殺意」がそこにある。
かと思えば、和紙に薄い墨で描かれた「柔」と「暖」の武蔵。

その表現は素晴らしいの一言。


全体を通しゆっくりとした構成になっていて、
ストーリーは誰もが経験する人生最期の時が表現されていました。

とにかく・・・・・心にずしりときた。
先日大切な人を見送ったばかりだったからかもしれないけれど。


空間全てを使い、作品から、また演出からも、
人間の本来あるべき姿を教えてもらった気がした。


マンガ好きな人以外の方にもお勧めしたい作品展ですね。


この感動を伝えたいと専用アドレスに感想を送ったら井上さんからお返事のメールが来ました・・・・


先日は「最後のマンガ展」に足をお運びくださいましてありがとうございました。
すべてを描き終えて、「最後」の意味はどうやら、「心の中心にあるもの」で、
つまりは「今」ということだと気がつきました。
いつも「最後」を心に置いて生きることが、人を強くし、やさしくするのでしょう。

あなたの心にもあるその場所が、これからもあなたに日々を生きる強さと、
やさしさをもたらしてくれますように。

井上雄彦





素晴らしい作品を、空間を、時を、ありがとう。









posted by 小夏
category:わたくしごと   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://naakao.blog25.fc2.com/tb.php/60-4756f95e
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。