スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 小夏
category:スポンサー広告  

松山探し~Cut編
日課になりつつある、会社帰りの本屋への寄り道。


Cut (カット) 2008年 06月号 [雑誌]Cut (カット) 2008年 06月号 [雑誌]
(2008/05/19)
不明

商品詳細を見る


Cut 6月号
顔の毛穴数まで数えられるくらい、すごくクリアーなお写真が・・・。
1年くらい前のCutでも超ドアップの写真があり、それもかなりのクリア度で
見入って読んだ記憶があります・・・・立ち読みで←買え


何の包み隠しもなく素顔をさらけ出しているのに、
何か想いを秘めているような強い眼

素敵すぎる!!!!



右の耳たぶに穴2個、左に1個・・・・
以外にも3個もピアス開けてたんだね。

・・・・・・・
・・・・・・・

なっ!!!!!
・・・・け?

毛深いと聞いていましたが、こんなにもハッキリくっきり胸のアレが写し出されているとは、
立ち読みしてるこっちも照れるがな←買え



さてさて、インタビュー。


DMCのクラウンクアップ直後ということで、撮影はとても楽しかった、とな。
その中でも、「子供に見てもらいたい」と言っていたね。

「自分も真っ直ぐでありたいから、子供のように真っ直ぐに観て欲しい」と。
これは、DMCに限らずってことだと思うけど、松山くんらしいなと思った。


「僕は空っぽ。自分が演技に入れるのも周りの人達のおかげ」と、
また謙虚な言葉を。

そして、役者の才能があるというよりも
「どんな作品も面白いことをひとつは見つける自信がある」と強く言っていたのが印象的でした。


ピクトアップの松ケントークでジュリーママと対談した時に
「何でも楽しんだもの勝ち、ジュリーママと話して確信した」と言ってた。
それから、何でも楽しもうとしてるんだな、彼は。
それは仕事をしていく上で、とても大事な考え方だと思う。




その足で、次は角川文庫コーナーへ・・・・




posted by 小夏
category:松山ケンイチ   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://naakao.blog25.fc2.com/tb.php/28-a15c9308
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。