スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 小夏
category:スポンサー広告  

シフクノ旅
どうもお久しぶりです。

久々の更新ですが、こちらは松山くんとは一切関係ない記事です。

先月わたくしスペインに行ってきまして、今頃ですがその旅行記です。



バルセロナに住んでいる親戚を頼って行ってきたんですけど、
割と急に決まったのでもうバタバタで。
久々の海外だったので旅の間は常にテンションマックス
気が付けばハンパない枚数の写真を撮っておりました・・・・


とりあえずそれらを載っけてみようかと思いますが、
すごい量なのでそれでもOKな方、興味のある方はどうぞお入り下さい。







スペインと言えば、闘牛、フラメンコ、あとアントニ・ガウディ


ガウディとは、数々の個性的でユニークな建物を残したスペインの建築家で、
代表的なものは着工から120年以上たった今でも建設が続いているサグラダ・ファミリア聖堂に、
モザイクタイルのグエル公園、、グエル邸、カサミラ邸、カサバトリョ邸などなど・・・・

他にもたくさんあるんだけれど、自分が子供の時にテレビで見た
グエル公園とカサ・バトリョ邸の奇抜なデザインと色彩、独特な空間の世界が強烈に印象に残っていて、
いつかは絶対に行ってみたいと思っていました。



***********

スペインへの直行便がないためオランダのアムステルダムを経由して向かいます

日本からオランダまでが12時間、乗り継ぎ2時間、オランダからスペインまでが2時間、
合計16時間・・・・

スペイン

お昼に日本を出発して、時差が-8時間あるので到着したのは現地時間の夜10時
空港から(事前に予約してもらっていた)滞在先のウィークリーマンションへ



次の日、カフェで朝食をとり
スペイン


メトロで中心街から少し離れた場所へ
スペイン 



駅から15分程歩いて長い上り坂を登り山の中腹まで行くと見えてくるのは、
ガウディのグエル公園
スペイン


ここは1900~1914年にガウディによって建設されたもので、
もとは出資者のグエル氏から依頼をされて庭園集合住宅を造る予定だったんだけど2棟しか売れず、
結局は市に寄贈されて公園となった場所です

現在は世界遺産になっています

スペイン


入って直ぐの階段にいる鮮やかなモザイクトカゲ
スペイン
口から水が出てるはずだけど今日は出てませんでしたね・・・


後ろには神殿の様に柱がたつ広間があり、
ガウディはここを市場のようにしたかったらしいです
スペイン


天井には綺麗なモザイクの装飾
スペイン


ヤシの木をイメージしたという柱廊
スペイン

小さい頃、この絶妙な曲線がとっても印象に残っていたんだけど
実際見るとちょっとコワイような・・

だけどなぜか温かみもあるような不思議な空間でした
ちなみにこの上は歩道になっています


先程の神殿の上にある広場
スペイン


スペイン
テラスには波打つ破砕タイルのベンチがあり、
みんな気持ち良さそうにくつろいでいました


下を覗くと公園の入り口のかわいい建物が
スペイン



スペイン


売れた2棟のうちの1棟がガウディの家です
スペイン


サグラダ・ファミリアに住み込む前は、実際にここで暮らしていたそうで、
今はガウディ博物館になっています
スペイン スペイン


更に坂を登ると頂上には石を積み上げたちょっとした展望台があり、
そこからはバルセロナの街が一望出来ました
スペイン


遠くに見えるサグラダ・ファミリア
スペイン




その後は街へ戻り、グランシア通りというブランド通りへ
日本で言えば表参道みたいなところかな?

そこには、ガウディ作のカサ・ミラ邸があります
スペイン

波打つ外観は地中海をイメージしたらしいです
屋上には兵士の兜のような通気口があり、夜は少々不気味・・・・


さらに歩く
スペイン スペイン

スペイン

スペイン


その先にあるこちらもガウディ作
カサ・バトリョ邸
スペイン

綺麗でした~
こちらも海をモチーフにしており、鮮やかな外壁が素晴らしかったです





そして今回のメイン、サグラダファミリア聖堂へ
スペイン

ここではもう、迫力と造りの繊細さに圧倒されっぱなしでした・・・・


建物全体がキリストの誕生、最後の晩餐から埋葬、昇天までを表している教会で、
彫刻や装飾一つにしても全て意味があるんだそうです


詳しい説明は割愛しますが、それぞれに3つの面があり、
誕生、受難、栄光(建設中)のファサードに分かれています


こっちは誕生
スペイン


スペイン


スペイン

これらの誕生の部分のみが生前にガウディが携わったんだそうで
この面だけが現在世界遺産になっています

調べて初めて知ったんだけど、聖堂全体が世界遺産ではないんですねぇ
確かに他の部分はまだまだ建設中だし


変化の象徴のカメレオンに、変わらないものの象徴の亀
スペイン スペイン



聖堂の地下はガウディ資料館になっています
スペイン


スペイン


受難のファサードの石像もこのような順でストーリーになっている説明とか・・・・
スペイン


ガウディが市電に跳ねられた時にポケットに入っていたという受難のファサードの図面とか・・・
その事故の数日後にガウディは亡くなったそうです
スペイン


完成図とか・・
スペイン




塔の中間までエレベーターで昇ることができ
スペイン


上からの眺めも
スペイン


また絶景!
スペイン



スペイン スペイン


中はおもいっきり工事中
スペイン スペイン


塔の上部は空洞となっていて、ガウディはここに鐘を付けたかったそうな
スペイン


スペイン


下りは巻貝のような長い螺旋階段をぐるぐるぐるぐると・・・・
スペイン


森をイメージした内部も
スペイン

下はガンガンに工事中
スペイン


スペイン




誕生の逆側は、受難のファサードになっています
スペイン


スペイン


こちらは誕生とは対照的にキリストの苦難を表していて
スペイン


く、苦しそう・・・・
スペイン


スペイン


スペイン



スペイン

ガウディの想いや、その想いを引き継いで今も多くの人が修繕しながら建設してるんだ~とか考えると
こみ上げてくるものがありましたねぇ。




その後はヨットハーバー添いの道を歩き
スペイン


スペイン


地中海の海岸に行きました
スペイン


スペイン


太平洋を見て育ったので海は見慣れてるけど、
地中海はやっぱりオシャレな気が
スペイン






そしてまたカサ・バトリョ邸(右)へ
スペイン
ここは、今回の旅の中で思った以上に見ごたえがあったので、
高めな入館料でも入って損なしでした


携帯電話型のイヤホンで日本語の詳しい解説も聞けるので
隅々まで楽しめます
スペイン


スペイン


スペイン


海中をイメージしていて
スペイン


波のような曲線の窓があったりします
スペイン


スペイン スペイン


スペイン

中は吹き抜けになっていて
スペイン スペイン



スペイン


本当に海の底にいるような感覚になります
スペイン


屋上には不思議な通気口があったり
スペイン


ドラゴンの背中のような屋根が間近に見れたり
スペイン


スペイン

最高でした!!





そしてまた夜の街を歩き
スペイン


スペイン


スペイン
スペイン


スペイン


スペイン
スペイン


昔ガウディが通っていたというカフェへ
スペイン
中はジャングルみたいだったりこんなホラーな部屋があったり、
これまた不思議なお店でした


そして、フラメンコショー
スペイン





次の日もまた沢山歩きました
スペイン


スペイン


スペイン


スペイン


市役所
スペイン


スペイン




そしてカタルーニャ音楽堂
スペイン


ガウディと同じ時代に活躍しライバル関係にもあった建築家
ドメネク・イ・モンタネールという人の作品です
スペイン
ガウディとはまた違ったテイストで、
花などの装飾がこれまた素晴らしかったです



あとなんと言ってもこの天井のステンドグラス。
真下から見ると今にも落ちてきそうな程に繊細で美しく、本当に圧巻でした!
カタルーニャ音楽堂
※撮影禁止だったため内部画像は拝借しました




レイアール広場
スペイン


この中央にはガウディが設計した街頭があります
スペイン


スペイン





その近くにあるランブラス通り
スペイン
並木通りになっていて


花屋やオープンカフェがあったり、絵描きや大道芸人がいたり
スペイン


ミロ(バルセロナ出身の画家)のモザイク床があったりと
スペイン

なんとも楽しい通りでした




その途中にある市場
スペイン




新鮮な果物や
スペイン


スペイン特産のイベリコ豚の生ハムや
スペイン


カラフルなグミや
スペイン スペイン


うまげなアイスも売っています
スペイン


市場の中にあるカウンターのお店でランチを食べたんですけど、
スペイン


どれも新鮮で美味しく
スペイン

とにかく活気があって楽しい場所でした






スペイン


この細い通りの奥にあるのはピカソ美術館
スペイン

ピカソはスペイン出身で若い頃にバルセロナで過ごしていて、
その頃の作品や晩年の版画や陶芸品がありました

(今回はマドリードには行けなかったので「ゲルニカ」は見れなかったですが・・・)


貴族の館を改造していて
内部には豪華な広間や古い中庭が残されています
スペイン スペイン
※こちらも内部は撮影禁止






スペイン


好きで日本でもよく利用するZARA
スペイン
ZARAはスペイン発のファストブランドで、
街の至るところにありました


H&Mもあちこちに
スペイン

バルセロナは昔からの町並みを残すために
改築する場合でも通りに面した外壁は壊してはいけないんだそうです
でも中はガンガン改造してもいいらしい


スペイン


ピカソの絵の壁画
スペイン


スペイン


古い町並みが残るゴシック地区の広場では
蚤の市が開かれていました
スペイン


スペイン


近くには約600~700年前に建てられたカテドラル教会があります
スペイン


中は荘厳なゴシック様式
スペイン スペイン



スペイン スペイン


スペイン


スペイン
スペイン


屋上からは
スペイン


また違う角度からの街が見渡せました
スペイン


スペイン


スペイン


スペイン

スペイン





少し歩くとまた違う古い教会
スペイン


近くには有名なデザート店があったり
スペイン

この辺りの雰囲気は新旧入り混じっていて、
でもそれがいい具合に調和されていて面白い地区でした




夕食を食べた後、すぐ近くにサグラダファミリアがあるということで
夜中に歩いて向かうと
スペイン

ライトアップは終わってました・・・
暗闇の中での巨大な塔がちょっとコワイ

でもある意味貴重でしたね





そして空港へ
スペイン





最初は治安の面で少し不安もあったけれど一週間バルセロナを堪能し、
スペインという国も陽気な人たちも大好きになりました。



今度は今回行けなかった世界遺産のアルハンブラ宮殿や白い壁の美しい村ミハス、
首都のマドリードにも行ってみたい!!!!












posted by 小夏
category:わたくしごと   comment:8 trackback:0

comment
すっごーーーい!!!
憧れの地・・・バルセロナ・・・

=□○0゜.:。+=□○0゜.:。+=□○0゜.:。+

私バルセロナに住むのが夢なの
ガウディは私が最も好きな建築家。+゚(。゚´д`)゚+。←なんと中坊の頃から好き
私も建築家になりたかった・・・←マジ

うちにはガウディグッツがあれこれあるのですよー
サグラダファミリアのペーパークラフトも持ってるの
でももったいなくて作ってない←

いいなー。+゚(。゚´д`)゚+。
あああ、サグラダファミリア生で見たら死ぬかも・・・。+゚(。゚´д`)゚+。



2009/12/09 20:17 | | edit posted by カメレオン
うわあ~!!
もう、うっとり眺めてしまいましたよ~。
サグラダ・ファミリアもカサ・バトリョ邸もすっごく行きたい!!!
ガウディの作品が街のあちこちにフツーにあるってすごいですよね~!!!
写真だけでも興奮しちゃうw

妹がマドリッドに語学留学してて、プラド美術館で模写してた今の旦那さん(日本人ですがw)と出会って結婚したので、スペインは私にとってすごく親しみを感じる国なんですが、バルセロナやアンダルシアや行きたい場所がてんこ盛りの特別な国なんです。
小夏さんがうらやましいな~(≧∇≦)

もっとたくさん写真が観たい!!
写真集出してはくれませんか?(ゝv・)

2009/12/09 23:57 | | edit posted by ミジンコ
カメレオンさん
私も住み込みたいくらい本当に気に入りました、バルセロナ!
古きよき町並みも、気取らず親しみやすいスペインの人たちも
全てが素晴らしかったです。

なんとカメレオンさんもガウディラブですか?!

自らの私財をなげうって人生の全てをサグラダファミリアに懸けるって・・・・
すごいですよね。
私、旅立つ前に改めてガウディの本や資料を読み込んで行ったんですけど、
その職人気質というかストイックさとかがもうハンパなくて
神の域だと本気で感動しました。゜(゜´Д`゜)゜。

実際にいくつかの作品を見ても次元の違いと器のデカさをヒシヒシ感じて、
自分の小粒っぷりを更に実感させられました・・・・

ペーパークラフトいいですね!
ぜひいつかモノホンもご覧下さいませ!!!!



2009/12/10 13:00 | | edit posted by 小夏
ミジンコさん
妹さんがマドリードに留学されていたんですか?!
すごいーー!!!!

私、スペイン語のスの字も分からず、
こんにちわ(オラ)とありがとう(グラシアス)だけで過ごしてたので、
あのめちゃ早い言葉を理解出来るだけで尊敬致します。
しかもあのプラド美術館で模写してた方とご結婚て・・・・
素敵すぎ~!!!!

バルセロナにはいたるところに名所がありますから本当に楽しめると思います。
あと屋根なし2階建てバスもいたるところを走っていたからそれに乗って巡るのもいいかも!
スペインは南部の田舎の方もいいですよね~。
私も今度はそっち側も回ってみたいです。

いやいや、自分の場合ただ何でもかんでもわーきゃーと撮りまくっていただけなんで、
写真集なんてとんでもないス
実際はこの5倍は撮ってますんで、自分用のプリント代だけで完全に万超えしそうで
ガクブルす((((;゜;Д;゜;))))カタカタカタカタ



2009/12/10 13:13 | | edit posted by 小夏
小夏っつぁーん、おかえりなさい!!!!

あああーーー懐かしいバルセロナーー。+゚(。゚´д`)゚+。
街並みがさほど変わってない!!

もう10年ほど前になるかも
スペインを旅したことがありますよ

南のマラガから入ってミハス、グラナダ
東の海岸沿いの名も知らぬリゾート
そして最後にバルセロナ
すべてバス移動でスペイン語もろくに話せないのに
我ながらよく行ったなーと思います(*゚艸゚)ワカカッタ

次はぜひ南へ!!!
グラナダの洞穴でのジプシーのフラメンコも忘れられないし、
アルハンブラ宮殿も哀愁があってよかったです。
ミハスも白い壁の小さな街と地中海の海と空のコントラストが忘れられません

その時は料理が不味いという有名なヨーロッパの国に滞在してたもんで
そこからのしばしのスペイン滞在
むさぼり食うように毎日美味しい料理を堪能してました

バルセロナは海も近くていいですよね!!
私もマドリッドは行ってませんが、
バルセロナにはガウディがありますし
やっぱり魅力的(人´∀`)

建築には詳しくありませんが
ただあの不思議な曲線と色遣いを眺めているだけでも
すごい方だったんだなーって思いました

あーーーもっと詳しく旅行話聞きたい!!!!
小夏さんの写真テクにしばし脳内トリップできました(´∀`)
私もいつかスペイン再訪したいですー
2009/12/12 00:16 | | edit posted by さっかん
さっかんさん
おおおお、さっかんさんも行かれたことがあるのですね!!
てか、個人でそんなたくさんまわられたんスか?!
しかもバスで?・・・・すごい!!!!!かっこいい!!!!!

アクティブトラベラーさんなのですねぇ。
私なんて、英語もカタコト以下なもんで(日本語も・・・)、
あちらでは身振り手振りのジェスチャークイズ的ふれあいで
何とか乗り切りました。

時には「YEAH!」(←欧米)とか織り交ぜながら・・・・
とりあえず通じてました(´゜艸゜)∴

バルセロナはガウディ作品の宝庫でおもしろいし、
海が近いから食べ物はうまいし、いい街ですね。

やはり南もいいですか!
広い国だから移動は大変そうだけれど、
今度行くときは絶対グラナダもミハスも行きますよ!

・・・てか、何年後になるのやら(((=ω=)))ゼニゼニゼニ



2009/12/14 18:13 | | edit posted by 小夏
小夏さん、なんとも素敵な旅をなさったのですね、まさに至福の旅。
わいも、こちらで旅をした気分にさせていただきまして、ありがとうございます。
小夏さんって写真家さん?
素敵なアングル&技術で、どの写真も惚れ惚れしてしまいます。
ミジンコさんも言ってますが、
写真集出して!
スペインの方の色使い、造詣、建造物、町並みにいたるまですごいインパクトです。
自然の偉大さにはいつも驚かされますが、
こうした町並みや建物や調度品など見ると、
人間ってものも偉大なんだと
人間の能力もはんぱじゃないなと
思わずにはいられません。
そして自分の無力さがさらにどしんと感じられてしまうのですが・・・
そこは立ち直りの早い、根がラテン?なかづなのでただただ素敵な写真に見とれております。
♪行って見たいなよその国♪(スペインの地へ)♪
2009/12/18 11:20 | | edit posted by かづ
かづさん
相変わらず遅くて申し訳ありません!

ホント楽しくて、あっという間の旅でした。
帰ってきてからもしばし余韻に浸っており、
松山くんからすっかり遠のいてしまってました・・・

やややや写真家さんなんて、めっそうもない!!!
ただのド素人ですよ。
ここはどこ見ても素敵な町並みなんで、
誰が撮ってもポストカード的写真に仕上がるんですよー

ガウディって人は、
「自然の中にこそ美しい最高の形がある」と考えていたらしく、
建築にもそれがよく現れているんですよ~。

もちろん大自然の偉大さに勝るものはないんだけど、
ガウディの自然美への探究心も凄かったから、
現代の人が見てもすごい衝撃を受けるんでしょうね。

こんなすごい偉人の作品を今も残してくれてるってだけでも
有り難い!



2009/12/22 17:12 | | edit posted by 小夏
comment posting














 

Trackback URL
http://naakao.blog25.fc2.com/tb.php/194-e2687875
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。