スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 小夏
category:スポンサー広告  

銭ゲバ最終回
先週は激務だったので、いろいろ放置しちゃいまして
申し訳ないです。


あぁ、あれから1週間ですね・・・・・
忙しかったのもありますけど、あの壮絶な最終回
私は数回しか見てません。


毎週銭ゲバを見てると、哀しくて辛くなるし精神的にもかなり疲れるんですけど、
銭ゲバが終わるとやっぱり寂しい・・・・・
その現実を受け入れたくない感もあり、
感想も先延ばしにしてしまいました。

しかしながら今更の感想もどうなんだかって気もするけど
まあ区切りをつけるってことで、一応。





風太郎が死の前に見た「幸せ」

最初の、のんびーりした流れがあまりに普通過ぎて
正直気が抜けてしまいました。


父さんとのキャッチボール
家族団らん
大学
友達
彼女
就職
結婚
子供


でもそれは逆に、
普通のことが実は一番幸せなことで
それはなにものにもかえがたいってことなんですよね。


子供が産まれてからの何ともいえない幸せそうな風太郎の微笑みと
現実のダイナマイトを巻いた風太郎の強張った表情があまりに違いすぎて
一番切なかった。


ダイナマイトを巻いて死を目前にしてから、
自分が望んでいた本当の幸せに気付くなんて。
「本当は自分が間違ってた」って。

・・・・なんて可哀想な。


「最後に夢でもいいから風太郎に幸せを感じて欲しい」と思っていたけれど、
それは少しでも最後は安らかにと思ったわけで、
でもあの死への恐怖と狂乱ぶりだと
風太郎はこの世へ大きな未練と後悔を残したまま逝ったんですね。

・・・・最後まで本当に可哀想な風太郎



でもラスト、プレイバックして銭ゲバとして語る部分には
驚きました。

確かにあのセリフは銭ゲバとして深く意味のある言葉でしたけれど、
あの後に、本当に望んでいた幸せに気付いて、
そしてあの最期?・・・・と後から考えると、
ちょっと混乱してしまいましたが。


でも、すごく印象的で、このドラマを象徴するような
ラストだったとは思います。



見かた考えかたは人それぞれだし、
最後まで答えはないんでしょう。


毎回深く考える部分があったり、
お金と幸せについて改めて見えることもあったり、
今までになく本当に内容の濃いドラマだったと思います。




そして風太郎の最期を・・・・死への恐怖を恐ろしいまでにリアルに演じきった
松山ケンイチくんは、本当に凄かった!!!!!!





・・・・さようなら、風太郎



銭ゲバスタッフさん、出演者の方々、松山ケンイチくん、

本当にお疲れ様でした!!!!!








さーてと、原作読もうかなっと。





posted by 小夏
category:銭ゲバ   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://naakao.blog25.fc2.com/tb.php/177-16e347db
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。