スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 小夏
category:スポンサー広告  

銭ゲバ 第8話
救いようがなく絶望的なラストに
・・・・・・無言


すぐ繰り返して見る気持ちに、
なれませんでした。















・・・死

・・・・・・・死


なんでこんなことになったんだろう





「家族を守るためだったら何だってやる」

あの伊豆屋の人々も、金のせいで狂わされる。
豹変した人達をみて、
目を伏せたくなった。

実際、あの人達のように「金」か「死」かの極限に追い込まれてしまったら、
自分だって気がおかしくなってしまうかもしれない。


でも風太郎は、自分が間違ってるって本当は誰かに言って欲しかったんだ。
伊豆屋の人達にそれを正銘して欲しかったんですよね。

だから豹変したあの人達をみて、激怒した・・・・
幸せはお金じゃないって、
心のどこかで信じていたかったから。


けれど、違った。

その現実に失望し、絶望の道を選んでしまった。







ただ、そんななかでも
救われたシーンはありました。


風太郎と荻野さんのシーン

銭ゲバ

ひろしさんのことは大好きでした。


その一言を聞けたことで、
長い長い苦しみがやっと終わった荻野さん。



そして覚悟を決めた風太郎が、
お母さんの言葉を穏やかな口調で語るシーン


お母さんから、何度も聞かされました。
ここに傷か付いた夜も聞きました。

お父さんは、あんな人じゃないの。
ホントはあんな人じゃない。

一生懸命働いていた。
でも、お父さんは間違ってないのに
会社に悪い人がいて、お父さんが間違ったことしましたって、
お父さん何も知らなかったの。
全部お父さんのせいにされて、会社をクビになった。
みんな、全部お父さんのせいにして。

だからお父さんは、やる気を無くしちゃった。

だから、どうかお父さんを、恨まないであげて。


そうお母さんは言ってました。

だから自分の手ではあなたを殺さなかった。

お母さんと約束したから。


どうぞ生きて下さい。


さよなら、お父さん





一言一句、お母さんの言葉を覚えている風太郎。
優しい子守唄のように、
そして祈るようにお母さんは風太郎に聞かせてたんですね。


切ねぇ・・・・



現世では救われなかったけれど、
たとえひと時の夢でもいいから
風太郎に幸せの喜びを感じさせてあげたいよ・・・・






posted by 小夏
category:銭ゲバ   comment:2 trackback:0

comment
いま見てるよね?
小夏さん、まさか寝てないよね(;゜;ж;゜;)

リアルタイムにコメント書いてるのはわいだけだな、きっと(T_T)
あああ、どうなってるのか気になるズラ


あと2時間後に追いつくからね~( ^_^)人(^_^ )
2009/03/14 21:14 | | edit posted by カメレオン
カメレオンさん
はじまる直前までウトウトしてました;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )
あっぶね~;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )

えぇ見てますよ~

なんか・・・なんか・・・・

金のヤローーーーーーーっ!!!!!

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!




2009/03/14 21:37 | | edit posted by 小夏
comment posting














 

Trackback URL
http://naakao.blog25.fc2.com/tb.php/176-4e6c8017
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。