スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 小夏
category:スポンサー広告  

フリーなケンちゃん
最近ゲットしたフリーペーパー類をざっくりといきます。


まず「FLYING POSTMAN PRESS」
音楽ショップでなかなか無くて諦めていたなか、
会社近くのカフェにて普通に発見。

松ケン

ぎゃ・・・・・
ちょ、超見つめられとるがな←違

大判で現物は等身大(等身顔?)並に大きいもんで、
フリペ相手にドギマギしてしまう←アホ


中身はこんな感じで

DMCDMC

見開きいっぱいに松ケンインタビューがあり、なかなかお得な代物です。

インタビューは他の雑誌に近い内容でしたが、
そのなかで好きだったコメントを紹介させていただきます。


―「自分と他の人間(役)とで自分はバランスを取っている」という撮影前の松山さんの言葉は、
その“人間の多面性”を表しているように感じます。
松山「演じている最中は「クラウザーはこれをやる、根岸はこれをやる」ということが
    決まっているから僕自身もその通り行動すればいいんですよ。
    でもクラウザーと根岸抜きの生活を送っている今は、どうしたらいいのかが
    分からなくなることが多いですね。バランスが取れないというか。
    つまり僕自身という人間単独で考えると、どういう方向に向かえばいいのか、
    ということがイマイチよく分からないんです。
    また次の役に入ったら、ひとつの方向性が提示されるので、
    僕はそれに従っていくだけです。
    “役に頼っている、寄り掛かっている感覚”は常に僕の中にあるもの。
    いつも寂しいような、面倒くさいような、そんな複雑な気持ちを抱えて
    日々の生活を送ってるんですよ。」



いつも寂しいような面倒くさいような複雑な気持ちを抱えて日々の生活を送っているんだね。
人間味溢れる部分が垣間見えた。
なんでも要領よく出来る人よりも、苦悩しながらも一生懸命に誠実に生きようとする彼に
また惚れたー。




+++++++++++++

次はPARCOのフリペ

DMC

李監督のインタビューがちょこっと載っています。
監督「松山くんがクラウザーさんの格好でスタンバイしてると、今にも女性スタッフを
    めちゃくちゃにしちゃうんじゃないかっていう危険な雰囲気を醸し出すんですよ。
    だから撮影時は常に内心ドキドキしてました。
    ライブシーンでも『○イプされたいかー!!!』ってクラウザー節が飛ぶんです。」



監督をも恐怖におとすクラウザーさんはやはりすげぇ。





+++++++++++

次はHMVの魔界通信

DMC


HMVで暴れるクラウザーさんと「合言葉は“GO TO DMC”」の店員ねぎっちょの顔が
オモシロい

こちらも、監督のインタビューが少々載ってました。

―撮影で何か印象に残っているエピソードは?
監督「メタル・バッファローがフンをして大変だった(笑)」
スタッフ「あれは役者として訓練されてる牛じゃないから大変なんですよ(笑)」



・・・・牛界にも役者牛っているのかぁ、知らんかった。
シゲ美ちゃんは大分牛界のアイドル牛なんだな・・・





+++++++++++

最後は久々docomo表紙

松ケン


お部屋でリラックスしながらPCつついてる設定だからか、
この松山くん、お目目がトロ~ンとしております


実際、彼はお家でパソコンとかやってるんでしょうかねー?


ブツクサ言いながらもL打ちとかでやってそうだけど・・・








posted by 小夏
category:松山ケンイチ   comment:2 trackback:0

comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/31 19:27 | | edit posted by
鍵コメさま
はじめまして。
郷里の松ケンファンの方からコメ頂けて嬉しいです!
ありがとうございますー☆

これからもちょこちょこ故郷ネタも書いていきますので
よろしくお願いしま~す♪

2008/08/31 23:24 | | edit posted by 小夏
comment posting














 

Trackback URL
http://naakao.blog25.fc2.com/tb.php/102-356d8dae
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。